プロテインが苦手な人の理由トップ3!とその対処法

プロテインが苦手

プロテインは効果的にタンパク質を補給できる、
筋トレやダイエットには欠かせない重要なサプリメントですが、
中には苦手な人もいて飲みたくないという方も少なくありません。

ではこのようにプロテインが苦手な人は一体何が理由なのでしょうか?

今回はその代表的な理由を3つとその対処法を提案していきます。

最後まで読んでいただければ、プロテインの苦手意識を克服し、
筋トレの効果をさらにアップしていけるようになってほしいと思います。

1.プロテインを飲むとお腹を壊す

ホエイプロテインは牛乳から作られているので、
飲むとすぐにお腹を壊す体質の人は少なくありません。

そのような人は乳糖不耐症の可能性が高く、
プロテインに含まれる乳糖が原因で下痢になってしまうのです。

プロテインでお腹を壊さないようにする方法としては、
大豆プロテインを利用することも一つの手ですが、
筋肥大を求めるのであれば、やはりホエイプロテインを飲みたいところ。

そこで乳糖の少ないWPIプロテインを飲むことをオススメします。

特にコチラのビーレジェンドWPIは乳糖を極限まで減らしているため、
プロテインでお腹を壊してしまう人にも安心できる商品です。

ビーレジェンドWPIの詳細はコチラ

2.プロテインがなかなか溶けない

プロテインが溶けづらいということでストレスとなり、
そのままプロテインが苦手になってしまった人も結構いますね。

しかし意外とそういう人はプロテインシェーカーを使っていないということがありました。

それではなかなか溶けませんよね(笑)。

もちろんプロテインの商品によっては溶けづらいものもありますが、
大抵はシェイカーを使えば簡単に溶かす事ができますよ。

ザバスプロテインシェーカー (500ml)

3.プロテインが美味しくない

最後に最もシンプルなプロテインが苦手な理由として、
味が美味しくないというものがあります。

やはりどれだけ効果があるプロテインだとしても
不味いものは飲み続けることができません。

私も初めてプロテインを飲んだ時はかなり不味い商品を買った経験があり、
それ以降少し苦手になった記憶があります。

しかし最近では各メーカーのクオリティが上がって、
極端に不味くて飲めないという製品は少なくなったように思います。

これまで私も沢山のプロテインを飲んできましたが、
中でも特に美味しくて質の高いものをピックアップしてみましたので参考にしてください。

さらに値段も特に安いものを選んでみました。

激安プロテインオススメ比較ランキングベスト3

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す