太る時間帯の夜こそ食事量は控えめに!!

ダイエットにおいて食事は痩せるための最も大切な要素ですが、
毎日エクササイズをしっかりやっているからといって
油断してしまう人は決して少なくないようです。

夜の食事

ここで食べ過ぎてしまうとせっかく運動した分が
プラスマイナスゼロになってしまうので、
なかなか痩せないということになりかねません。

ですから、気を抜かずにエクササイズと並行して
食事量にも気を配っていただきたいと思います。

 

それでは実際、ダイエット時の食事はどのようなことに注意するべきでしょうか。

まずはやはり、時間帯に応じて食べる量を調整する必要があります。

日中の活動量

朝は一日を快活にスタートさせるために
エネルギーはしっかり摂っておかなければなりません。

 

日中は最も活動量が増える時間帯ですから、
仕事をフルパワーで乗り切るために
体や脳にエネルギーを十分に送り込む必要があります。

ですから朝食はできるだけ多めに食べるのが理想的。

ここで、朝を抜いたりすると今度は昼食時にドカ食いして
脂肪を増やしてしまうことになります。

ランチの後もまだまだ活動量は多いので、しっかり食べても良いのですが、
お腹が空きすぎて必要以上に食べてしまうと、
余ったエネルギーはすぐに体脂肪として蓄積されます。

 

食事から得られる栄養素というのは
一度に効率よくエネルギーとして燃焼してくれませんので
どうしても1回の食事で量を摂り過ぎると太りやすくなるんですね。

これを回避するためには朝食をしっかりと食べ、
昼食は適度にする必要があるということです。

 

そして、最も大切なのは夕食です。

この夜の時間帯が最も太るので、出来るだけ控えめにしましょう。

仕事も終わった夜というのは一気に活動量が少なくなります。

ですから、必要以上にエネルギーを摂取すると
あっという間に体脂肪が増えてしまうんですね。

 

そこで無駄な脂肪を溜め込まないように
夕食の量を控えめにするか、夜だけ糖質制限をしても良いと思います。

肉や魚、野菜などはしっかり食べてお米などの
炭水化物食品を夕食時には食べないようにするんですね。

こうすることで無駄な脂肪をつきにくく落としやすくします。

日中の時間帯の食事で糖質をしっかり摂っていれば、
夜だけ糖質制限をしても健康上も問題ないはずなので。

 

ダイエット中の酒

それからお酒やおつまみもカロリーの高いものは控えるようにしましょう。

枝豆やチーズを適量なら問題ないでしょうが、
ここでも糖質や脂質が多いものはNGです。

お酒もビールは日本酒はほどほどにして糖質の少ない
焼酎とかウイスキーの水割りの方が太りにくいと言えます。

夜は活動が終わってあとは寝るだけの時間帯ですので、
エネルギーを貯め込むように体はシフトしていきますから、
できるだけ食べ過ぎないように気を配るのが、
ダイエットを成功させるためには必須です。

短期間で腹筋を割るならパーフェクトシットアップ

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す