走るのが苦手な人でもランニングは続けられる!!

ランニング

ダイエットにおいては有酸素運動、
中でもランニングは脂肪燃焼効果が高く、
取り入れることは非常に有効です。

昨今ではマラソンブームなので、健康維持やダイエットで走り始め、
そのままランニングの魅力にとりつかれてしまった人も多いのではないでしょうか。

実は私もその一人。

 

しかし、もともとは走ることは大の苦手で、
5km走るのも苦痛で仕方がありませんでした。

ですが、少しずつ距離をのばし、無理の無い範囲で続けたことによって、
段々と長い距離を走ることが出来るようになっていきました。

その結果として体脂肪もグングン落ちていき、
ダイエットや健康の面でもプラスの恩恵を享受することが出来たんですね。

しかも今ではなんとフルマラソンも
3時間台で走りきれるようになっています。

 

ダイエット目的でランニングを行うのであれば、
別にフルマラソンまで走る必要は無いと思いますが、

脳の活性化や筋力アップの効果も期待できますし、
ちょっとずつでもいいから走ることをオススメしますよ。

 

しかも脂肪燃焼の観点から言えば、速く走ろうとするのは逆効果で、

ちょっと負荷がかかるくらいのゆったりしたスピードが
最も痩せるためには効果的なんです。

逆にあまり息が上がってしまうほど頑張ると、
脂肪ではなく糖質が使われてしまうので
意外とダイエットの効果が期待できなくなります。

だから無理せず楽しく走れる範囲でいいんです。

そう考えれば、それほどハードルは高くないと思いませんか?

 

で、不思議なもので最初は苦手で苦痛だったランニングが、
段々とクセになってきて楽しくなります。

きっとドーパミンやセロトニン、エンドルフィンなどの
脳内快楽物質が出てきているんでしょうね。

さらに足腰や心配機能が強化されていくと
走れる距離やスピードもグングン伸びていきます。

そうなるとさらに楽しくなるわけで、
走ることが次第に日課へと変わってくるわけです。

ここまでくればダイエットは成功するし、
健康にも良い影響があるので一石二鳥というわけです。

 

体力やスタミナがつけばつくほど、
運動すること自体が楽になりますから、
やればやるほど太りにくい体が出来上がります。

ぜひ一日少しの時間でも良いので、
ランニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す